昨今、少子高齢化が進み人材不足の中で採用に苦戦している企業も多いようです。そんな状況でより優秀な人材を効率良く採用するのに役立つのが採用システムです。採用システムとは、今までは一般的に表計算ソフト等で管理してきた求人管理、情報管理、選考管理、内定者管理といった採用に関する業務を一つのシステム上で一元管理できるものなのです。これによって、様々な採用関係の作業が効率化され、労力や時間を削減することが可能になります。また、採用に関する情報を言語化数値化することによって、社内で共有しやすくなり、無駄が減ります。そして一元管理することによって人為的ミスの防止にもつながります。採用活動の効率が上がることで、採用のスピードが高まり、より良い人材を得られる可能性が高くなります。

採用システムの機能はこんなにある

採用システムには、それぞれ特徴があります。雇用形態においても、新卒者、中途採用、リファラル、アルバイトやパートといった様々な形態に合わせて特化したシステムもあります。また募集要項や応募フォームなどの採用ページを作成してくれる機能や、他の求人応募媒体求人検索エンジンとの連携機能、検索でトップに立つためのSEO対策機能、面接日程の調整機能、SNSを利用して応募者とのやりとりができる機能など多種多様な機能が付随されています。採用データを分析する機能が付いていれば、採用活動を省みて内定辞退者を減らすことに役立てられるでしょう。また、チャットや動画を利用しての面接ができる機能、自動的にメールの送信を行ってくれる機能など現在のスマートフォンの普及率の高さに合わせた機能もいろいろとあります。

採用システムを導入するにあたってのポイント

自分達の会社にあった採用システムを選ぶには、求める人材像、自社の採用のやり方をはっきりさせることが大切です。多くの会社が管理システムのサービスを提供しています。各システム得意な分野、不得意な分野とありますので、その中で自社の採用に必要なものを各機能と照らし合わせ選定すれば良いでしょう。また、採用する側だけではなく、求人の応募者にとっても使いやすいシステムが求められます。セキュリティーの高さも重要視すべき点です。システムや機能によって料金もまちまちなので注意が必要です。予算をあらかじめ決めておくことが大事になってきます。サービスの内容を比べることのできるサイトもありますし、無料のトライアルのサービスを備えているものもありますので、比較検討してみると良いでしょう。より良い採用活動のために、採用システムを大いに役立てましょう。