企業にとって、優秀な人材を確保することはとても重要なことです。しかし最近では、少子高齢化などによる人材不足などの問題から企業の中にも採用活動に苦戦しているところが少なくありません。そんな採用活動における、求人の管理や選考の管理をさらに強化、効率化していくのに有効なものとして、採用システムがあります。これまで一般的に、採用に関する管理はエクセルなどで行われてきましたが、応募から採用までのプロセスを一元管理することにより、より便利になりました。また、管理だけでなく、各企業に合わせた魅力的なサービスを提供しているものもあります。では、採用システムの導入により、企業にとってどのような効果が生まれるのでしょうか。採用システムの主なサービス内容やポイントについて紹介します。

採用システムの特徴とメリットについて

採用システムは、求人情報や応募者の個人情報から選考段階での採用担当者の評価、内定者の管理まで、採用活動に関する様々な項目をサポートしています。求人に関して言えば、求人案件の内容や求める人材、募集期限などの情報をまとめて管理できます。自社の求人ページだけでなく、他社の専門求人サイトなどのページの状況も一元管理することが可能です。求職者の情報も閲覧制限ができ、個人情報の安全な管理に努めることもできます。また、選考におけるテストの結果や面接の評価もまとめて管理しながら、それぞれ必要な部署の担当者に情報提供しやすく、社内で共有しやすいのが便利なポイントです。また、内定の辞退を防ぐためにも、コミュニケーション機能を搭載した採用システムもあります。これらの情報を元に、求職者や内定者に対して迅速な連絡、対応をすることができます。

採用システムの上手な選び方とは

どのような採用システムを選ぶかは、会社によっても様々です。システムのサービス内容もいろいろあるので、自社に合ったものを選ぶと良いでしょう。例えば雇用形態でみても、正社員や派遣社員、契約社員と種類も多い企業や、応募までの経路も様々で管理が難しかったものも、システム管理することにより、情報共有しやすく、コスト削減にもつながります。一方で、新卒や中途採用、アルバイトなど、それぞれに特化した採用システムもあるので、よく見極めてみましょう。また、採用までのプロセスも企業によって変わってきます。募集要項の作成機能や、面接日程の調整機能、スマートフォン対応かどうかなど、要望に合った機能があるかどうか、よく調べてみる必要があります。さらにセキュリティ面もしっかり確認した上で選んでいくと良いでしょう。