優秀な人材を確保するためにすべきことは多岐に渡ります。候補者のリストを作成し、採用までの進捗を管理するだけでは優秀な人材を確保することはできません。例えば、面接官には候補者の入社意向を高めつつ、同時に能力の見極めることが求められます。このような場合、候補者のリストや、進捗管理だけでは助けなりませんが、他の面接官からの申し送りや、最適な質問例などを提示すれば、候補者とのコミュニケーションは質の良いものになるでしょう。また仕事に対する考え方などにより候補者をタイプ分けし、相性の良い面接官を選んでみることなども有効でしょう。このように採用システムでは進捗管理だけではなく、多岐に渡る業務を様々な角度で支援することができます。優秀な人材を採用するために、自社で行えることやしておくべきことは何かを洗い出し、採用活動のサポートにシステムを使用すれば、人材の確保に役立ちます。

採用システムではどんなことが管理できるのか

採用システムを有効に活用するには、何が管理できるかを理解しておく必要があります。実際にどのようなことが管理できるのか、いくつか紹介します。一つ目は求人案件の管理です。求人情報や採用の予定人数、人材を必要としている部署、どのような人材を求めているか、募集期限、公開した媒体名及び媒体数などの情報を管理できます。二つ目は求職者の情報管理です。求職者の履歴書や紹介元といった個人情報を、閲覧者を制限し、安全に管理できます。三つ目は選考状況の管理です。採用進捗や、テスト、面接の評価などを管理できます。評価に関する情報を数値化して共有するといったことも可能です。最後に内定者の管理です。内定通知の有無や内定後の連絡、フォローまで行えるため、入社辞退を防ぐために有効です。洗い出した内容から、どの部分を管理すれば有効なのかを見極めることが重要です。

自社に適した採用システムの選び方

自社に適した採用システムを選ぶには、どのようなポイントに気をつければ良いのか、こちらもいくつかご紹介します。一つ目のポイントは雇用形態です。それぞれの採用システムには、得意とする雇用形態があります。新卒、中途、アルバイトなど、それぞれに特化した採用システムを選択すると良いでしょう。二つ目は機能です。自社の重要視する項目や採用プロセスにマッチした機能があるかを確認しましょう。次は視点が変わって、求職者にとっての使いやすさです。求職者は採用システムを利用して求人情報を確認することになりますので、求人情報の見やすさや使いやすさも重要な要素です。最後にセキュリティです。採用に関する情報は個人情報が含まれているため、システムのセキュリティは重要な選定ポイントです。以上のようなことを意識して自社にあったシステムを選びましょう。